半坪ビオトープの日記

オテンティラ・アウレア

一本すくっと立っている黄色の花は、ヒエラキウム・アルピヌム(Hieracium alpinum) 。数あるミヤマコウゾリナ属の中でも堂々としていて、アルピヌムの名に恥じないアルプスの高地特産種である。
単花で、茎にも小さな葉が付いているのが特徴である。
右上の黄色の花は、キジムシロ属のポテンティラ・アウレア(Potentilla aurea) 。属名 Potentilla は、 Potens=力のある という意味に因み、仲間に薬草が多いことによる。
アルプスに広く分布する。この属の花の様子はほとんど同じなので、葉の形で見分ける。