半坪ビオトープの日記

寂光院

紫葉漬と大原女の里、寂光院
大原の里の東に三千院や実光院や勝林院があったが、西の山間に寂光院がある。平安の昔、尼僧となって寂光院で過ごした建礼門院が、大原の里人から献上された夏野菜と赤紫蘇の漬物の美味しさに感動され「紫葉漬」と名付けられたと伝わる「しば漬」は京の三代漬物の一つである。また、建礼門院の女官・阿波内侍の姿がルーツと伝わる大原女は、数々の書画や文献に残され、大原伝統文化の象徴にもなっている。

寂光院
寂光院天台宗の尼寺で、山号は清香山、寺号は玉泉寺。開基は聖徳太子と伝わるが、草創について明確なことはわかっていない。

寂光院
平清盛の娘・建礼門院徳子が平家滅亡後、尼となり隠棲した場所であり、『平家物語』ゆかりの寺として知られる。

寂光院、山門
寺伝では、推古天皇2年(594)、聖徳太子が父・用明天皇の菩提のため開創したとされる。当初の名称は玉泉寺で、太子の乳母だった玉照姫(恵善尼)が初代住職だったという。しかし、江戸時代の地誌には空海開基説、11世紀末に大原に隠棲し大原声明を完成させた融通念仏の祖・良忍開基説もある。

寂光院、本堂
現在、詳細不明のため、建礼門院に仕えた後に出家し、当院の住持をしていた阿波内侍(信西の息女、証道比丘尼)を第二代住職としている。本堂は淀殿豊臣秀頼の命で片桐且元が奉行として慶長年間(1596-1615)に再興したものだったが、2000年に放火で焼失し、本尊・地蔵菩薩立像も焼損し、徳子と阿波内侍の張子像も焼失した。

本堂
現在の本堂は2005年に再建されたものである。同時に新しく作られた本尊や徳子と阿波内侍の像も安置されている。

汀の池、諸行無常の鐘楼
本堂左手前(西側)の庭園は『平家物語』当時のままで、汀の池、千年の姫小松、諸行無常の鐘楼がある。

千年の姫小松
千年の姫小松とは、文治2年(1186)春、建礼門院後白河法皇と対面する場面に登場する。『平家物語』灌頂巻の大原御幸に「池のうきくさ浪にただよい錦をさらすかとあやまたる中嶋の松にかかれる藤なみのうら紫にさける色」の松として伝わる。この松も2000年の火災で焼損後、枯死してしまい、切り株のみ残された。その左に2005年、松が新しく植えられた。

建礼門院御庵室跡
寂光院本堂の東、小道を挟んだ杉林の中に建礼門院御庵室跡がある。平清盛の息女、高倉天皇中宮で、6歳で壇ノ浦に沈んだ安徳天皇の母であった建礼門院は、安徳天皇とともに入水したが、一人敵に助けられ京都に送還されて落飾された。その後、源平合戦で敗れて壇ノ浦で滅亡した平家一門と安徳天皇の菩提を弔うため、終生をこの地で過ごし、閑居御所とされた。後白河法皇建礼門院のもとを訪れた際、女院は山に花摘みに行き留守だったが、侍女の老尼・阿波内侍の案内で、一丈四方の仏間と寝所だけの粗末な庵室を見た法皇は、ただただ落涙するばかりだったという。建久2年1191女院はこの地で生涯を閉じた。現在は狭い平地に杉苔が生えている。

建礼門院が使用した井戸の遺構
庵室跡のすぐ右手には、建礼門院が使用したと伝えられる井戸の遺構がある。今も当時と変わらずコンコンと清水が湧き出ている。
 
 

宝泉院

宝泉院、盤桓園
勝林院の左手に宝泉院がある。大原寺勝林院の住職の坊として平安末期ごろよりの歴史を持ち、現在に至っている。現在の建物は室町時代文亀2年(1502)の再建と伝わるが、形式から見て江戸初期ごろの再建と推定されている。客殿の西方の庭は盤桓園と称するが、柱と柱の空間を額に見立てて額縁庭園とも呼ばれる。

二連式の水琴窟

部屋の中から格子越しに鑑賞する鶴亀庭園と呼ばれる庭園もあり、抹茶を味わいながら一服するのもよい。客殿の脇には、理智不二(りちふに)と命名された珍しい二連式の水琴窟があり、二つの筒から異なる音色が聞こえる。生命原理とその働きが一つになる大調和の慈悲と智恵の世界を、密教の教理で理智不二というが、左右二つの異なる水琴窟の妙音を通してその調和の心を体感されたい、とある。

宝楽園
宝泉院境内南側の低地に宝楽園という枯山水庭園が平成17年に作庭された。庭園作家の園冶が造園し、山形県や長野県などから約300トンの石を運んでいる。神岩組雲海流水回遊花庭を趣向し、地球太古の創世に遡り、その原初の海を想像した庭園である。

枯山水庭園の岩組
念珠石(海石)を用いて、三尊来迎の姿を表した岩組、あるいは亀甲石、銀石などの石を用いての岩組みによる坐禅石、蓬莱山、龍稚魚、宝船石、石橋等の神仙世界が繰り広げられている。手水鉢は平石を立てて囲んだユニークなものだ。

枯山水庭園
また、底地にコス(微細粒)の白川砂を敷き詰めた様子は、海流水を思わせ夜半にその砂に月光が照り映えて、あたかも銀砂幽玄の世界がそこに現れるという。

枯山水庭園
右手に僅かに見える三尊石の裏側は、築山に小振りな立石が配置され、手前の枯山水も趣向を凝らしている。

紅葉も真っ盛り
紅葉も真っ盛りで、下から空を見上げると眩しく輝くもみじがことのほか美しい。

様々なもみじ
まだ紅葉していないもみじから真っ赤に燃えるもみじまで、色付き具合の違いも楽しめる。

法華堂
勝林院から三千院へ戻る途中、実光院の向かいに法華堂がある。後鳥羽天皇の冥福を祈って仁治元年(1240)に建立された。一度焼失したが安永年度(1772-80)に再建された。本尊は普賢菩薩

鉈捨薮跡
三千院に戻る途中、鉈捨薮跡があった。文治2年(1186)の大原寺勝林院での法然上人の大原問答の折に、その弟子の熊谷直実は、「師の法然上人が論議に敗れたなら法敵を討たん」との思いで袖に鉈を隠し持っていた。しかし、上人に諭されてその鉈をこの藪に投げ捨てたといわれている。
 

勝林院

魚山大原寺勝林院
三千院の北に位置する魚山大原寺勝林院は、天台宗の寺院で、承和2年(835)円仁(慈覚大師)によって開かれたと伝えられる。長和2年(1013)寂源により復興され、勝林院が建立され、声明も復興された。

勝林院
天仁2年(1109)聖応太師良忍が来迎院を創建すると、勝林院を本堂とする下院と来迎院を本堂とする上院が成立し、両院を以て「魚山大原寺」と総称されるようになった。以来、大原で伝承されてきた声明は「大原流声明」や「魚山声明」と呼ばれ、浄土宗や浄土真宗などの声明の原型でもある。

本尊の阿弥陀如来
文治2年(1186)に、法然と顕真などによる宗論、「大原問答」が勝林院で行われた。顕真の招請により、法然が浄土宗義について明遍、証真、貞慶、重源らと一昼夜に亘り問答が行われた。顕真らが法然12の難問を投げかけたが、法然は念仏によって極楽浄土へ往生できることをはっきりと示した。

阿弥陀如来
その時、本尊の阿弥陀如来が光を放って法然の主張が正しいことを証明して見せたという。そのため奇瑞を示した阿弥陀如来は「証拠の阿弥陀」と通称され、本堂も「証拠堂」と呼ばれるようになった。聴衆たちは大変喜び、三日三晩途絶えることなく念仏を唱え続けたという。なかでも重源は翌日には自らを「南無阿弥陀仏」と号して法然に師事している。

勝林院の本堂より
勝林院は火災や水害のたびに再建されてきた。現在のお堂は安永7年(1778)に再建されたもの。幅七間、奥行六間の総檜造りで、屋根は椹(さわら)板を重ねて葺いた柿葺である。創建当初の本尊阿弥陀如来坐像は、仏師の康尚の作と伝わるが、延徳2年(1490)の騒擾で出火し、本尊頭部を損傷した。現本尊の頭部はその2年後修理したものである。

欄間や蟇股の彫刻

欄間や蟇股などに彫り込まれた立体的な彫刻は当時の木彫技術の素晴らしさを今に伝えている。

向拝柱の上の手挟み
向拝柱の上の斗栱と垂木との間に取り付けられた手挟み(たばさみ)は、江戸時代になると極端に伸びて装飾化が進むが、勝林院の手挟みはとりわけ手の込んだ彫刻となっている。

欄間と蟇股の彫刻

欄間の彫刻も紅葉や松に鳥も加え、立体的に組み立てられている。上の蟇股には、人物が認められるので中国の説話を表現しているのだろう。勝林院境内には、山王社、観音堂、弁天堂、鎌倉末期の宝篋印塔、江戸初期の鐘楼、平安中期の梵鐘など見どころも多い。

 

実光院

京美茶屋の豆腐料理
昼食は三千院向かいの京美茶屋で豆腐料理「門前」をとる。汲み上げ湯葉胡麻豆腐、豆乳チーズケーキなどの質素な組み合わせでも結構楽しめた。

実光院の庭園、契心園
三千院の左手の道を北に進むと勝林院に行き着くが、その手前左側に実光院と宝泉院がある。実光院は、魚山大原寺勝林院を本堂に頂く僧坊の一つで、応永年間(1394-1428)に宗信法印により復興された。客殿の南側に広がる庭園は江戸時代後期の作庭で、律川より水を引く心字の池を三途の川、対岸の築山を極楽浄土に見立てている、旧普賢院以来現存する池泉鑑賞式の「契心園」である。
 

実光院の庭園、契心園
滝組から流れ落ちる律川の水が涼やかな音を立てている。築山の松は鶴を、池の島は亀を表現している。

客殿の西側に広がる回遊式庭園
客殿の西側に広がる回遊式庭園は、旧理覚院の境内で、借景として大原の山並みを取り入れた、開放的な雰囲気の庭である。

院内の展示品

本尊は地蔵菩薩像で、脇侍に不動明王像と毘沙門天像を安置している。江戸中期に狩野派の絵師により描かれた、中国の漢から宋の時代に至る歴代の詩人『三十六詩仙』が客殿に掲げられている。他にも中国の楽器編鐘(復元品)や磬石(讃岐石製の声明練習用の楽器)などが展示されている。

珍しい不断桜
境内には珍しい不断桜の木があり、春と秋の二度、満開になる。

星班ツワブキ、キミノセンリョウ、ヤブコウジ

門の脇に園芸品種のツワブキの花が咲いていた。ツワブキ(Farfugium japonicum)は、キク科ツワブキ属の常緑多年層で、海岸近くの岩場などに生え、本州福島県、石川県以西、四国や九州、南西諸島に自生し、中国にも分布する。和名ツワブキ(石蕗)の由来は、艶葉蕗(つやはぶき)から転じたとの説のほか、厚葉蕗(あつはぶき)から転じたとの説もある。園芸品種も多く、黄色い大小の斑点が葉全体に散らばる星班ツワブキ(キモンツワブキ、ホタルツワブキ)などの斑入りや、クリームホワイト、朱色、レモン色など花色の違う品種もある。左の黄色い実が目立つ植物は、センリョウの園芸品種で、キミノセンリョウ(Chloranthus glaber f.flavus)という常緑小低木。センリョウは本州関東西部以西、四国、九州、南西諸島に自生し、中国、東南アジアにも分布する。花の少ない冬に美しい実をつけるため、正月の縁起物としても人気がある。その下に垣間見える小さな赤い実は、ヤブコウジ(Ardisia japonica)という常緑小低木。別名、ヤマタチバナ十両。北海道奥尻島、本州以南の林内に自生し、朝鮮半島、中国にも分布する。冬に美しい果実をつけるので、古くから園芸植物として庭木や寄せ植えなどで愛されてきた。

 

大原三千院

大原三千院
迎春 本年もよろしく 昨年は隠岐だけでなくあちこち巡ったので、遡りながら振り返っていく。まずは、11月上旬の京都。京都も数十年ぶりで、行きたいところがまだたくさんあるが、とりあえずは時節柄の紅葉狩りで、大原三千院から巡る。京都北東の山中、かつては奇人や仏教修行者の隠棲の地として知られた大原の里にある天台宗の寺院。山号は魚山。三千院門跡とも称する。

三千院の玄関、御殿門

三千院は8世紀、最澄の時代に比叡山に建立された円融房に起源をもち、度重なる移転の後、明治4年(1871)現在地に移った。「三千院」「三千院門跡」という寺名は大原移転以降のもので、それ以前は円融院、梶井門跡などと呼ばれた。一方、境内にある往生極楽院は、平安末期の12世紀から大原の地にあった阿弥陀堂で、三千院と往生極楽院は元来は別々の寺院である。

三千院の玄関口である御殿門は、高い石垣に囲まれ、門跡寺院に相応しい風格をそなえた政所としての城郭、城門を思わせる構えとなっている。

客殿から見る庭園・聚碧園
客殿は平安時代、龍禅院と呼ばれ、大原寺の政所であった。豊臣秀吉が禁裏修復の余材を持って修築された。客殿各室には、当時の京都画壇を代表する画家たちの襖絵が奉納されていたが、現在は宝物館である円融蔵に所蔵されている。客殿から見る池泉鑑賞式庭園・聚碧園は、江戸時代の茶人・金森宗和の修築と伝えられる。

庭園・聚碧園
庭園の東側は山畔を利用した上下二段式とし、南側は円形とひょうたん形の池泉を結んだ池庭を形成している。

庭園、有清園
宸殿は後白河法皇により始められた宮中御懺法講(声明による法要)を今に伝える道場である。宸殿より往生極楽院を眺める池泉回遊式庭園である有清園は、中国の六朝時代を代表する詩人・謝霊運(385-433)の「山水清音有」より命名されたという。青苔に杉や檜などの立木が並び、紅葉と木漏れ日が醸し出す雰囲気が魅力である。

木立の間から垣間見る宸殿
往生極楽院へ向かう庭から振り返ると、宸殿を木立の間から垣間見ることができる。

紅葉
この辺りの紅葉はとりわけ色鮮やかである。

往生極楽院
往生極楽院は、寺伝によると、寛和2年(986)に『往生要集』の著者で天台浄土教の大成者である恵心僧都源信が父母の菩提のため姉の安養尼と共に建立したと伝わる。お堂に比べて大きい「阿弥陀三尊像」(国宝)を納める工夫として、天井を船底型に折り曲げている。中尊の阿弥陀如来は来迎印を結び、右の観世音菩薩、左の勢至菩薩共に少し前屈みに跪く「大和坐り」で、慈悲に満ちた姿とされる。
 


 

 

 

御客神社、平神社古墳

御客神社
そろそろ旅の終わりを迎える。昔は島後の中心だったと思われる北西部の五箇を見て回った後、現在の隠岐の中心地、南の西郷地区に戻る。最後に見ておこうと選んだのは、御客神社と平神社である。西郷地区の奥、銚子地区にあるこの御客神社は、宗教のルーツを感じる自然信仰の社で、社殿がなく、巨岩が神体である。隠岐には巨木信仰の大山神社や乳房杉を祀る石倉神社、御神木だけのかぶら杉など、社殿や境内を持たない素朴な自然信仰が多い。

御客神社
大きな杉の切り株の跡に新しく杉が植えられている。元の巨木は御客神社の鳥居の役目を果たしていたといわれる。平成9年の台風で2本とも損傷し、翌年伐採された。その先にどっしり構えているのが巨岩である。

神体としての巨岩
縄文時代よりずっと、岩そのものを神体として崇めてきたといわれる。この巨岩には欅の巨木が根を張り、幹は2本に分かれている。「銚子おんぎゃくさんのケヤキ」と呼ばれ、樹高は約23m、幹囲は5.17m。巨岩を取り囲むように注連縄が巻かれている。

御客神社祭礼風流

御客神社祭礼風流は、原田地区で西暦偶数年の3月21日に行われる春祭りである。3月1日の神酒開き祭から準備が始まり、当日は原田の集会所から御客神社まで行列して神幸し、神社の磐座の前で的射行事がある。的射行事では、宮司が作法に従い、カラスとネズミの描かれた小的を弓矢で射る。続いて氏子の中学生の中から選ばれた「脇神主」が弓矢で大的を射る。宮司や脇神主がその場で甘粥などをいただく饗膳もある。脇神主の的射が終わると、参拝者は縁起物として的の破片を持ち帰る。その起源は不明だが、年占いの行事で、その年の豊作を祈念し、潔斎や細やかな作法で行われている。また、大注連縄行事として、境内の2本の杉に注連縄を大蛇の形に作って渡し、その足元に御幣を供えている。

境内社
すぐ左手には境内社が祀られているが、詳細は不明。

平神社
御客神社から少し南に下った平地区に平神社がある。すぐ裏手に前方後円墳が横たわり、その横っ腹に神社が建てられた格好である。

平(へい)神社
平(へい)神社の創建は不明だが、主祭神スサノオの命とされる。

平神社の本殿
本殿正面妻の珍しく花柄のように飾られた懸魚が、元和5年(1619)作成というので、それ以前に建てられたという。その奥の妻飾りも珍しい意匠である。

平神社古墳
平神社古墳は現状で、全長約47m、右手の後円部径約28m、高さ約5.5mの隠岐最大の前方後円墳である。古墳の埋葬施設は後円部のやや西よりにある横穴式石室で、石室の上部分は失われているが、現存部分は長さ約8m、奥壁幅約2mで、小型の自然石と割石で築かれている。東側にも別の石室が埋まっている可能性が指摘されている。

平神社古墳

墳丘は2段からなり、表面に並べられた葺石と考えられる石や埴輪の破片が確認されている。それらや石室の形態から、この古墳が築かれた年代は6世紀後半頃とされ、隠岐の古墳でも最後期に築かれたことが推定されている。この周囲の八尾平野一帯は、7世紀に隠岐国府が置かれたと考えられており、隠岐国の成立を考える上でも重要な遺跡とされる。

これで、隠岐の4島巡りの旅が終わった。対馬壱岐に劣らず古い歴史を誇る隠岐の神社は、隠岐造という本殿の建築様式のみならず、多種多様の祭式風流など独特の伝統を長く保存してきたので、興味の尽きない様相を示していた。古い神社は9世紀前半以前に遡る歴史を持つので、古代史に関心を深める意味でも貴重な見聞ができたと満足している。

この後は、年末年始の休暇をたっぷり摂ります。ではまた、来年まで。

油井の池、五箇創生館、郷土館

油井の池

カタクリの里から西に進むと那久の集落に出る。那久川の上流には壇鏡神社と光山寺跡という史跡があるのだが、残念ながら途中の道路が崩壊していて通行禁止だった。光山寺の創建は宝亀年間(770-780)といわれ、平安時代に遠流となった小野篁が過ごした場所といわれる。小野篁は承和元年(834)遣唐副使となるものの、渡航しなかったことなどの罪により、承和5年に隠岐への遠流の刑に処された。配所は当初、島前の海士町豊田だったが、その後島後に渡り、光山寺に移った。承和7年(840)に許されて帰京した。隠岐への船出の際に詠んだとされる和歌「わたの原 八十島かけて こぎいでぬと 人には告げよ あまのつり舟」が有名である。光山寺の二代目の慶安という僧が夢告を受け、険しい横尾山中を彷徨っていると、目前に大きな滝が現れたと伝わる。それが壇鏡の滝である。その上の源来の滝の上に一つの神鏡を発見し、それを祀ったのが壇鏡神社である。創祀年代は不詳だが、平安時代と推定されている。主祭神として、瀬織津比咩命、大山咋命、諾浦姫命、事代主命を祀る。

那久から北に向かい、横尾トンネルを抜けると油井の池がある。標高約50mに位置した直径約250mの円形の池で、大部分が湿性草原となり、池の中央部は草木が生えているが浮島になっている。33種類のトンボなど貴重な動植物の生息地となっている。

油井の池
池の東側には馬蹄形状の崖が切り立ち、その崖が粗面岩の溶岩から成ることから、油井の池の丸い地形は、島が形成された頃の活発な火山活動時(約500万年前)の「爆裂火口」とみられていた。しかし最近では、約300万年前の巨大地滑りによってできたという「頭部陥没帯」説が有力視されている。昭和40年代までは水田としても利用されていたという。

オキタンポポ
この池の辺りでも隠岐の固有種、オキタンポポを確認することができた。やはり、人家や道路から離れた、自然豊かなところで生き延びているようだ。

油井前の洲という波食棚
油井の集落の手前に「水仙の里」がある。冬に咲く群落のニホンスイセンは、一つの花茎にたくさん花をつける野生種で、「房咲水仙」とも呼ばれる。この下の海岸は、油井前の洲という広い波食棚を形成している。約2千万年前の日本海が湖であった時代の地層で、夏場は水面下に沈んでいるが、冬季の海面低下時には浮き出てその姿を表し、水平線に落ちる夕日はまるでウユニ塩湖のように絶景という。油井港の防波堤は波食棚の上に作られている。170×220mほどの島後で最も広い波食棚で、防波堤の先にも箱島という波食棚がある。

樹齢320年の松の木の根
島後の西海岸を北上して福浦から重栖湾という深い入江に入る。重栖川に沿って広がる田園地帯は東の奥まで達していて、昔から農業が盛んだったことが窺える。この周辺には十を超える神社が散在し、その中で最も大きいのが水若酢神社である。そこは3日前の初日に最初に訪れているが、その水若酢神社の社木が五箇創生館にある。樹齢320年の松の木の根で、周囲が約5.5m、高さ2.5m、平成3年9月、台風19号にて倒木とのこと。

隠岐の牛突き」
水若酢神社の裏手にある五箇創生館では、約800年前から続く大迫力の伝統的な闘牛「隠岐の牛突き」や夜を徹して奉納される「隠岐古典相撲」などの資料展示がある。隠岐の牛突きには、賭け事の対象にしない、鼻綱をつけたまま取り組むなど他地域とは違った仕来りが残されているという。隠岐古典相撲も、二番相撲を取るが、一番目の勝者は二番目には勝ちを譲り一勝一敗とするので、「人情相撲」とも呼ばれている。

黒曜石
縄文時代から利用されている黒曜石は、国内でも北海道白滝、長野和田峠、大分姫島などで産出されるが、島後五箇村久見産は純度が高く光沢の優美さで有名である。切断面が馬の蹄に似ることから別名馬蹄石とも呼ばれている。

隠岐郷土館
同じ敷地内にある隠岐郷土館は、明治18年(1885隠岐四郡町村連合会により郡役所庁舎として建造され、明治21隠岐島庁、大正15隠岐市庁と変遷改名し、昭和43 年廃棄に伴い、旧西郷町より移築復元されたものである。明治初期の洋風木造建築様式を伝える島根県唯一の遺構で、県指定有形文化財である。上げ下げ式縦長窓、白い胴蛇腹の外壁など、明治初期のハイカラな雰囲気を漂わせている。

遺跡からの出土土器

隠岐郷土館内には、へぎ遺跡や大城遺跡からの出土土器や漁具や民具などが展示されている。所蔵資料総数は約3,000点、そのうち漁撈用具、山樵用具などの生産用具674点が国指定、家具調度、衣服装身具など691点が県指定のそれぞれ民俗文化財になっている。

神楽面や小道具
神楽に用いられるさまざまな神楽面や小道具も色々展示されている。舞手の道具は総称して「採り物」といい、神が降りてくる目印としての「依り代」にもなっている。神楽鈴、御幣、扇子、舞矛などなど。

大綱の保存状態
これは祭りの際に使う、山車を引く大綱を持ち運ぶときの様子。例えば、水若酢神社神幸祭では、子供たちが大綱で山車を引き、約200mを巡幸する。ここの神幸祭は、神迎え神事の原型を留めているという。

都万目の民家
郷土館の裏手にある都万目の民家は、江戸時代後期の茅葺家屋で、隠岐の頭(おとな)百姓級民家の代表的なものとして、昭和49年(1974)県指定の文化財になり、ここに移築され展示されている。正面左手が上手で、右手の部屋を日常的に使った。出入り口は左から玄関、中戸口、大戸口と呼び、用途により使い分けた。玄関に面するシモノマで来客の応対をしたり、寝室として利用したが、その奥のカミノマは冠婚葬祭などの行事で使い、特別な客をもてなした。

「からむし2世号」
郷土館の脇に「からむし2世号」が展示されている。縄文人が黒曜石を丸木舟で運んだとする説を実証するため、1982724日午前4時40分に知夫里港を出発し、1723分に松江市美保関町七類港に入港した。艇内には15キロの黒曜石を積み込み、総勢13名のパドラーが交代したという。