半坪ビオトープの日記

新潟

新潟県立歴史博物館

長岡ICの西2kmに、縄文時代の火焔土器が出土したことで知られる馬高遺跡があり、その1km南の丘陵上に新潟県立歴史博物館が建っている。 常設展示は、新潟県の歴史・民俗を紹介する「歴史展示」(新潟県のあゆみ・雪とくらし・米づくり)と、幅広い視点から…

宝生寺、木喰仏

長岡ICの西4kmほどのところに、木喰観音で有名な真言宗の金亀山宝生寺がある。 短い参道の右手には大きい宝篋印塔が建っている。 左手には石仏が並んでいて、その先に鐘楼が建っている。 本堂右手前には、弘法大師の銅像が建っていて「南無大師遍照金剛」と…

レストラン「栄蔵」

長岡で昼食となるので、評判のフレンチレストラン「バーグ」に前日予約を入れたが、満杯で断られた。もうひとつの人気の「レストラン栄蔵」も要予約なので、急遽そちらに予約した。 可愛らしい店は、長岡市中心部から15分ほどの山の中の畑だらけの農村地帯に…

弥彦山、御神廟

テレビ塔の脇を過ぎて15分ほど歩くと、弥彦神社奥宮・御神廟の社務所脇の鳥居にたどり着く。 鳥居をくぐるとすぐ右手に「弥彦山」の石碑がある。 その先が弥彦山の頂上「神剣峯」(634m)で、展望台のような小さな広場に面して御神廟がある。 弥彦神社の祭神…

弥彦山頂公園

弥彦神社の御神体として祀られる弥彦山(634m)には、弥彦神社の拝殿脇から万葉の道を通り、ロープウェイを使って上ることもできるが、車で弥彦山スカイラインの弥彦山頂公園まで行くこともできる。総延長13.7kmのスカイラインからは、日本海や佐渡島が一望…

種月寺

青龍寺から400mほど北に、曹洞宗の福地山種月寺がある。入口には六地蔵が祀られている。 山門前の佇まいからして実に趣がある。切妻平入りの山門には、本屋根と直交する別棟の小屋根を付け、扉と控柱とを覆っている高麗門の形式である。 この山門の扉の紋章…

青龍寺

浄専寺よりさらに200mほど北に、真言宗豊山派の多宝山青龍寺がある。昔は天台宗だったが江戸時代に真言宗になったという。 天平8年(736)僧行基が北陸道を巡察した際、石瀬に開山したと伝えられる真言宗の古刹である。弘法大師越後21ヶ所霊場15番の札所と…

浄専寺

弥彦神社から約2km北に、かつて修験道の霊場として知られた石瀬集落があり、その集落入口に浄専寺がある。浄土真宗大谷派の寺院で、太田山と号する。山門の左手に鐘楼が見える。本堂の屋根の後ろに見える山は、多宝山である。伊夜日子大神の宝器を埋めたと…

弥彦神社、宝物殿

東参道と表参道の交差するところに手水舎が建っている。社殿と同じく大正5年の造営で、国の有形文化財に登録されている。 参道右手に場違いのように赤い鉄製タンクが保存されている。明治17年に新潟の田代虎次郎が考案した石油蒸留釜で、原始的な石油精製装…

弥彦神社、十柱神社

随神門の右手、鼓楼の手前に、境内摂社が5社、境内末社が3社とずらり並んでいる。 弥彦神社の祭神、天香山命にゆかりの神が祀られているので、順に見ていく。一番左手に建つ摂社は、武呉(たけくれ)神社である。 武呉神社の祭神は、天五田根(あめのいつ…

弥彦神社、拝殿

東参道を進み、左から表参道が合流するところに手水舎があり、その先に東参道で三番目の鳥居があり、鬱蒼と茂る木々の奥に弥彦神社の社殿が見える。 鳥居をくぐると、参道のすぐ右手に舞殿がある。亀腹基壇の上に腰組付の高欄を回し、四方を吹き放ちとした舞…

弥彦神社、祓戸神社

弥彦温泉で泊まった翌日は、早朝から弥彦神社を散歩した。 弥彦山(634m)東麓にある弥彦神社は、古くから「おやひこさま」と呼ばれ親しまれてきた。弥彦山を神体山として祀る神社で、式内社の名神大社であり、越後国一宮である。 東西に長い境内は、社殿が…

国上寺、乙子神社

朝日山展望台から国上寺方面を眺めると国上山山頂(313m)が眺められる。 国上寺駐車場に戻るとビジターサービスセンターがあったので立ち寄ってみた。館内には良寛の遺墨や良寛関係の資料、国上山周辺の写真などが展示されている。 センターでは、月二回、…

国上寺、五合庵

国上寺境内の西山門から五合庵へと下り始めると、右側に鏡井戸がある。国上寺に残る「大江山酒呑童子」絵巻に詳細が書かれているという。桓武天皇の子が流罪となりこの地へ来た時、従者の石瀬俊綱が子宝に恵まれなかったため信州戸隠山に祈願したところ妻が…

国上寺、大師堂

国上寺本堂の右裏手に国上山(313m)登山口がある。自然遊歩道を歩いて国上山山頂まで25分、山頂から蛇崩れという断崖脇を下って駐車場まで1時間の周回コースがあるので、時間が許せば楽しみたいところだ。雨乞山から弥彦山への縦走コースもあるという。 鳥…

国上寺、本堂

弥彦山(634m)の手前にある国上山(313m)は、古来、古志郡越の山という名所であり、雲高山もしくは雲上山といわれていた。飛鳥時代より蒲原郡に属し、聖徳太子がこの山に登って雲上記を書いたとも伝えられている。 和銅2年(709)越後一宮弥彦神社の神託…

寺泊魚市場

寺泊港近くの国道沿いに、10店以上の大型鮮魚店が並んでいる「魚の市場通り」がある。 通称「魚のアメ横」とも呼ばれ、地元はもとより、県外からも多くの観光客が訪れる。 カニ専門店も多く、ズワイガニや新鮮な魚介が店先に並んでいる。 ホウボウ、ノドグロ…

良寛誕生地

『おくのほそ道』の道中に松尾芭蕉が「荒海や佐渡に横たふ天の河」の句を詠んだ地として知られる出雲崎は、良寛が生まれ育った場所でもある。 良寛の生家、山本家橘屋は、出雲崎の名主であったが、その橘屋の跡に郷土史家佐藤耐雪の尽力と、日本画家安田靫彦…

番神堂、日蓮漂着地

番神堂裏手を少し上ると日本海が望める高台になっていて、日蓮の銅像が安置されている。 柏崎の海岸には、南の聖が鼻から北端の番神岬まで八つの岬が点在し、いずれの岬からも日本海に沈む夕日が一望でき、地元では「福浦八景」と讃えられる。 日当りのよい…

番神堂、本堂

鎌倉幕府によって佐渡島に流されていた日蓮は、文永11年(1274)恩赦を受け寺泊に向け出発したが、早春の嵐で偶然にも漂着したのがこの柏崎の番神岬であった。漂着地背後の高台には、日蓮ゆかりの番神堂がある。 当時番神堂は、西本町の真言宗妙行寺のお堂で…

イタリアン「アルチ・ゴーラ」

この日の昼食は、柏崎で人気のイタリアンレストラン「アルチ・ゴーラ」に予約を入れておいた。柏崎IC出口近くにある。 ナポリスタイルの薪釜ピッツァが自慢のトラットリアで、ピッツァランチと、パスタのAランチが1,050円、アンティパスト・デザート付きのB…

本願寺国府別院

居多神社の南500mに、浄土真宗本願寺派の本願寺国府別院がある。この地は、親鸞が越後流罪で最初に約1年過ごした「竹之内草庵」の後、恵信尼と一緒に暮らした「竹ヶ前草庵(たけがはなそうあん)」の跡と伝えられる。 親鸞が越後で7年暮らし、建保2年(12…

居多神社

五智国分寺の西南を100mほど行くと、居多(こた)神社がある。近くに越後国国府があることから国司の尊崇を受け、越後国一宮とされた。「延喜式神名帳」では「けた」と読ませており、北陸地方に分布する「気多神社」と同じ出雲系統と考えられる。 承元元年(…

五智国分寺

上越市の直江津駅の西側には、五智国分寺、居多神社、本願寺国府別院など、親鸞にゆかりのある史跡が集まっている。五智国分寺は、正式には安国山華厳院国分寺と号する天台宗の寺院である。 境内に入るとすぐ左側に、如意輪観音が祀られている。 参道をまっ…

浄興寺

上越市の高田駅の西側に寺町寺院群がある。浄土真宗の寺院を中心に、真言宗・曹洞宗・日蓮宗・浄土宗・時宗の66の寺院が、南北約2kmにわたって集まっている。その中央の西はずれに、浄土真宗の浄興寺がある。真宗浄興寺派本山で、山号は歓喜踊躍山(かんぎ…

恵信尼の墓

上越市の新井駅から東に進むと、板倉区に恵信尼寿塔と「ゑしんの里記念館」がある。親鸞の妻、恵信尼は晩年を板倉で暮らし、この地で亡くなった。ゑしんの里記念館は、恵信尼に関する資料を展示する施設として平成17年に開設された。 西本願寺蔵の「恵信尼文…

関山神社、仏足石

社殿左手前には、金比羅堂が建っている。金比羅堂には、海神、龍神が祀られている。 社殿右には、神輿殿があり、7月下旬に行われる火祭りでの神輿渡御で使われる神輿が安置されている。 神輿殿の右手には、夜具石があり、さらにその手前に巡洋艦「妙高」の…

関山神社、拝殿

新潟県の妙高山(2454m)の麓の赤倉温泉で泊まった翌朝、鬱蒼とした杉木立に囲まれた関山神社を訪ねた。道路脇の社号標には「縣社関山神社」と書かれ、自然石には「関山大神」と彫られている。 関山神社は、古来より妙高山を霊山=御神体として仰ぐ道場とし…

湯沢高原行きのロープウェイ乗り場より少し手前に、湯沢町歴史民俗資料館「雪国館」がある。 小説「雪国」を著した川端康成の生涯や初版本などの展示や、駒子のモデルとなった芸子の松栄に関する資料などのほか、雪国の生活を紹介するコーナーなどがある。 …

三俣宿にある伊米神社は古くからの山岳信仰の山、苗場山の里宮である。 奥の院は苗場山山頂にあり、苗場山の山開きもこの里宮で行われる。 祭神は九柱だが、御神体は二柱の神で、農耕と山の神を意味し、俗に十二様と呼ばれ、祭日も7月12日と定められてい…