半坪ビオトープの日記

総持寺祖院、法堂


仏殿から慧心廊という廊下を進み、左に曲がると法堂に入る。正式な名称は「法堂(はっとう)」だが、総持寺では、通称「大祖堂」と呼ばれている。法堂は大きすぎるので、先ほど境内中央から見た姿を載せる。総檜造りの大伽藍で、県内でも最大級の建物である。

正面唐破風に施された様々な彫刻は、どれも精巧な意匠で素晴らしい。唐破風上の鬼板には「三つ巴」の紋が、兎の毛通しの上の破風板には「五七桐」の紋がある。この破風板に施された金属板と思われる装飾板は、独特の意匠も含め珍しい。兎の毛通しの彫刻はよくある鳳凰ではなく、小さな龍に見える。その両脇の桁隠しには、凝った意匠の波の彫刻がある。二重虹梁の大幣束の両側には、波間を泳ぐ亀が、二重虹梁の下には大きな龍が認められる。どの彫刻も迫力があり、躍動感にあふれている。
重厚な扉は、明治31年の大火の際に運び出されて難を逃れたという。扉には、中央の丸が普通より大きいが、十六八重菊の紋が掲げられている。

法堂の内部も広く、欄間には、開祖の瑩山紹瑾禅師の誕生から諸国行脚の一代記を、山形県名工、高山富十が親子2代に亘って見事に彫刻している。

法堂は開山堂も兼ねていて、大祖堂とも呼ばれ、正面に開祖瑩山禅師、左右に開宗の道元禅師と二祖峨山禅師を祀っている。

左殿には、本山守護神、三宝荒神総持寺の前身諸嶽寺住職定賢律師を祀っている。

左殿手前の外陣には、釣鐘が吊り下げられている。石川県では有名な穴水町中居の鋳物師・寒雉(かんち)の作である。

正面をアップすると、右に開祖瑩山禅師が太祖常濟大師と書かれ、左に二祖峨山禅師が大現宗猷國師と書かれている。

これが三宝荒神を祀る左殿と思われるが、定かではない。

さらに左にもなにやら祀られているようであり、その左にも歴代住職のものと思われる位牌がたくさん安置されている。

外に出て法堂の左脇から眺めると、切妻の拝懸魚や妻飾りの蟇股の彫刻も豪快である。